誰もが健やかで幸せに暮らせる地域づくりをめざして
トップ » 活動をする » 実績紹介

実績紹介

受賞・選出

  • 内閣府 平成29年度「エイジレス・ライフ実践事例及び社会参加活動事例」
    茨城県シルバーリハビリ体操指導士連合会が「社会参加章」を受章(平成29年9月)
  • 福島県 社会参加と介護予防に取り組むグループへの知事表彰
    いわき市シルバーリハビリ体操指導士会が「最優秀知事賞」を受賞(平成29年10月)
  • 厚生労働省のスマート・ライフ・プロジェクト 「第 4 回健康寿命をのばそう!アワード」
    「シルバーリハビリ体操指導士」による住民参加型の健康づくり・介護予防事業
    自治体部門 厚生労働大臣優秀賞 受賞 (平成27年11月)
  • 茨城新聞創刊125周年記念事業 「いばらきセレクション125」
    未来に伝え残したい郷土の宝として、シルバーリハビリ体操指導士養成事業が選出 (平成28年11月)

体操普及活動

体操指導士は、茨城県内全市町村で行政や住民への働きかけにより、活発な体操普及活動を展開しています。
  • 体操指導士養成数
    7,803人 (平成29年3月)
  • 平成28年度実績
    体操指導士による体操教室開催数40,864回/年
    体操教室参加人数608,340人/年

シルバーリハビリ体操教室

体操指導士が開催する体操教室に参加し、6ヵ月以上体操を続けた高齢者のかたへ質問紙調査をおこないました。
その結果、「心と体への良好な変化」と「外出の増加」を実感されていることがわかりました。
(小澤多賀子ら、2015、健康支援、
「高齢の介護予防ボランティアによる体操普及活動の有益性」)
(995人)