誰もが健やかで幸せに暮らせる地域づくりをめざして
トップ » 活動をする

活動をする

健康づくりの推進 スマートダイエット・スマートエクササイズを普及する

食べる 動く 集う
私たちは、健康科学・体育科学関連の先端的な研究機関である筑波大学の特長を活かした健康づくりプログラムを地域で
取り組んでいただけるような事業を展開していきます。
  • 「食べる喜び」や「運動の楽しさ」を共有しながら、仲間や家族とともに生活習慣病予防や健康づくに取り組む
  • 病気や老いを受容しながら、賢く、幸せな気持ちで齢を重ねる
スマートダイエット
スマートダイエットとは、筑波大学の研究成果から開発された「スマートダイエット理論」にもとづき、減量への確かな行動変容を支援する、安全で効果的な実践的教育プログラムです。
スマートエクササイズ
スマートエクササイズとは、老いを受け入れながら、健康寿命の延伸に向けて、一人ひとりが日々楽しみとして主体的に運動をおこなうことを支援するプログラムです。
 

介護予防の推進 シルバーリハビリ体操を普及する

い つ で も、ど こ で も、ひとりでも、
1日1ミリ、1グラム
忘れずシルバー体操
シルバーリハビリ体操とは、大田仁史(当法人理事長)が考案した「介護予防」と「機能維持」を目的とした動作学・障害学にもとづいた体操です。
茨城県では平成17年からシルバーリハビリ体操指導士による体操普及活動に取り組み、県民の生きがいや身体機能の保持、閉じこもり予防、さらには、介護保険の要介護認定者数や介護保険料の増加抑制にも効果をあげています。
私たちは、このシルバーリハビリ体操指導士養成事業を全国に展開するための教材販売や専門職研修を茨城県立健康プラザと両輪となりおこないます。
茨城県から全国に広がるシルバーリハビリ体操
住民参加型の介護予防事業として、茨城県外の地域でも
取り組まれています
活動をおこなっている団体2団体 活動をおこなっている地域1都道府県  5市町村
(平成29年3月現在)

シルバーリハビリ体操指導士養成講習会 教材の販売

シルバーリハビリ体操を伝える
シルバーリハビリ体操指導士養成講習会の教材は、
「テキスト」と「みちしるべ」があります。
販売の対象は、シルバーリハビリ体操指導士養成講習会を開催する団体となります。
購入を希望される場合は、お問合せまでご連絡ください。
テキスト1,300円(税別)
みちしるべ200円(税別)

編集茨城県立健康プラザ
発行・販売 NPO法人 日本健康加齢推進機構
 

専門職対象 シルバーリハビリ体操指導士養成講師認定講習会の開催

シルバーリハビリ体操指導士養成講師になって、
シルバーリハビリ体操指導士を育てる
地域住民を対象とした介護予防ボランティア「シルバーリハビリ体操指導士」の養成を担う講師認定講習会を開催することで、茨城県外でのシルバーリハビリ体操普及事業の推進へ働きかけ、全国における住民参加型の介護予防事業の促進を図ります。

詳しくは、「講習会募集要項」をご覧ください。
※【第2回】シルバーリハビリ体操指導士養成講師認定講習会募集要項
講習会の参加を希望される方は、「講習会申込書」にてお申込みください。
※シルバーリハビリ体操指導士養成講師認定講習会申込書